女性化乳房の対策について

水泳の時間は悪夢

水泳の時間は悪夢 / 女性化乳房は手術しないと治らない / 女性化乳房はとても深刻

私は子供の頃それなりに太っていましたので、太っている子供に多く見られるように胸の部分が膨らむ状況にありました。
周囲からはペチャパイと呼ばれ、触られたりからかわれたりした記憶が強く残っています。
このような状態になるのは普通のことであり、当時の子供心に痩せれば治ると考えていました。
太っている男子など珍しいものでもなかったので、色々と調べてみたりもしたのですが、同じような状態にある仲間がいるということで安心した記憶も残っています。
その後成長するにしたがって標準体重に近づける努力をしていたのですが、私の場合は体が痩せていても胸の周りの膨らみについてはあまり変わらなかったと言う状況にありました。
もちろん女性の胸元のような形になるわけでは無いのですが、余っている脂肪がついたまま取れていないような見た目になっており、水泳の時間等はかなり嫌だったと言う経験を持っています。
同じように昔太っていたと言う人が、見た目も他の男性と全く同じように戻っている様子を見ると、自分はちょっと違うのではないかと感じるようになりました。
強烈なコンプレックスとして学生時代には苦しみました。
後から調べてわかったことですが、体重が多く体格が良いことに伴い胸の部分に脂肪がつくのを偽性女性化乳房と言うようです。